« ENGLAND栄冠の道程 | トップページ | 成長の物語かもしれない? その2 »

2010年6月25日 (金)

成長の物語かもしれない? その1

どうもこんにちは! Agです!

 

さて、やっぱ今日は勿論のこと、この話題ですよね。

サッカー日本代表がデンマーク代表を3-1で破り、見事グループリーグ2位で突破いたしました! ひとまず、オメデトウございます!

いや、昨日も書いたんですが、ボクは正直なハナシ、全く期待してませんでした。ワールドカップが始まるまで、日本代表は3戦全敗か1分2敗かと予想してました。

ところがどっこい、2勝1敗と堂々のグループリーグ2位突破! しかもこの1敗もオランダ相手に果敢に挑んでの0-1での敗北。コレ、相当胸を張れる結果やと思います。本当に恐れ入りました!

で、決勝トーナメント最初の相手はパラグアイですね。

正直、パラグアイのことをよく知ってるワケではないんですが、昔から、南米のチームでは異質である堅守のチームといった印象があります。個人技もあるけど、それよりもチームプレーに徹して動くチームで、組織力と個人技のバランスがとれた厄介な相手やと思います。

とりあえず、どう転ぶか? 試合が始まらないと判りませんが、とにかくココまで来たからには、より上を目指すよう挑んでほしいです!

 

で、ココからが今日の本題。

日本代表が何故ココまでのやってこれたのか?

コレはボクなりの見解ですので、見方が違ってたらスンマセン。

 

ボクは、オシム前監督から岡田現監督になった時点で、全てを諦めてました。

『また何も残らない。何の成長もない年数が流れる。』

と。

 

オフト監督から始まった日本サッカーのレヴォリューション。

Jリーグが幕を開け、日本のサッカーは日に日に、目まぐるしいくらい、成長速度を上げていった。

しかし、ドーハの悲劇を経験しオフトの時代が終焉し、ファルカン・ジャパンが思わぬ空振りをし(実際にはそんなに空振りしてなかったが)、当時日本サッカー協会の長沼会長が加茂さんと心中する覚悟で日本サッカーの強化の道を進める。

しかし、加茂さんはワールドカップ・アジア予選での成績不振を理由に更迭。

そこに現れたのが、現代表監督である岡田武史氏である。

ただ、ボクには岡田武史氏の目指すところが理解できなかった。

彼がやっていたのは、システムの再構築とか云々ではなく、タダの血の入れ替えだった。

荒療治とも言えるのだろうが、当時キレを徐々に失いつつある絶対エースのカズさんを頻繁に交代させ、遂には1998フランスワールドカップ本番の代表から外したのだ。

カズさんが好きなボクからは、信じられないくらいの愚考であった。

そして、その血の入れ替えの結果かどうかは判らないが、結局グループリーグ3戦全敗、ジャマイカにまで負けるという、それはそれは酷いオマケ付きだった...

血の入れ替え以外には、目立った成長は全く感じられなかった。何も残らなかった。

残ったのは3戦全敗という、リアルすぎる結果だけだった。

 

初恋は失意のままに終わった日本代表に、トルシエという赤鬼がやってきた。

その赤鬼は日本代表に新たなレヴォリューションを巻き起こした。

フル代表、U23、U21、U19といった、世代別の代表を一手に引き受け、トルシエ・イズムを叩き込んでいったのであった。

1999ワールドユースの舞台で準優勝という快挙。

2000年シドニーオリンピックでは32年ぶりとなる決勝トーナメントに進出。

同じく2000年アジアカップでは完全アウェーの雰囲気の中で優勝。

2001コンフェデレーションズカップでは準優勝という快挙。

そして、2002日韓ワールドカップでは見事グループリーグを突破し(ホスト国なんで若干相手には恵まれてましたけどね)、初の決勝トーナメント進出を果たし、日本サッカーは黄金期を迎えたように見えた。

 

しかし、トルシエが去った後、何も残らない4年間が待っていた... ジーコジャパンである...

確かに完全アウェーの中国でのアジアカップ、ワールドカップ・アジア予選では結果を残したが、残ったのは結果だけであり、そこにはトルシエ時代にあった競争も成長も、そして日本のサッカーの進化も何も存在しなかった...

ただ単に並べられた、日本のスター選手と、自分が扱いやすい駒を並べ、その才能だけに任せた自由な戦いに、日本選手は何も獲られず、自由すぎた故の(?)不協和音も発生し、本番のドイツ大会では2敗1分という、結果も内容も成長も何も無い、救い様の無い惨敗でジーコの時代は終焉を迎えた。

 

日本サッカー協会はその失意の痕を、4年間の反省も何もせず、有耶無耶にしようと、強引に当時ジェフ市原を見事なまでに強化したイビチャ・オシムという切り札を持ち出す・・・

 

やけに長くなってしまいましたんで分けます(苦笑

今回は回顧だけになってしまいましたが、次回はちゃんとボクの見解書きます。

CDコピー CDプレス DVDコピー DVDプレス ビデオダビング 映像編集 8mmテレシネ 名刺 印刷 即納 短納 早納 速納 最速 最短 格安

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

エージェネレーター】はお急ぎ納期に強い!

CD/DVDコピー CD/DVDプレス ビデオダビング 映像編集/作成 8mmフィルムテレシネ

等を『親切丁寧+可能な限りのスピード仕上スピード納品』で承っております!

お急ぎの方には、CD/DVDのハイスピードプレス&ウルトラハイスピードプレスがご好評です!

ビックリするほど納期が早いです! 是非是非お試しくださいませ!

また、CD/DVDプレスの完パケセットも大変お得ですよ!

名刺/各種印刷も承ります! コチラも格安で納期も早いですよ!

エージェネレーター
〒540-0026

大阪市中央区内本町2-3-8ダイアパレスビル本町206
TEL:06-6949-5655
FAX:06-6949-5656

http://www.a-generator.net/
info@a-generator.net
営業時間 AM10:30~PM6:00
(土日祝はお休みです)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

CDコピー CDプレス DVDコピー DVDプレス ビデオダビング 映像編集 8mmテレシネ 名刺 印刷 即納 短納 早納 速納 最速 最短 格安

|

« ENGLAND栄冠の道程 | トップページ | 成長の物語かもしれない? その2 »

サッカー/フットボール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成長の物語かもしれない? その1:

« ENGLAND栄冠の道程 | トップページ | 成長の物語かもしれない? その2 »